大和技研株式會社

業務案内

Activities

診断・分析

強度・劣化などの試験。
各種専門機器による診断と分析。

目に見える部分から目に見えない老朽化まで、プロ集団ならではの診断と分析。
建物の診断データをもとに、最適なリノベーションプランを立案します。

非破壊式コンクリート強度試験

躯体コンクリート圧縮強度をシュミットハンマー法により測定し、構造耐力を算出します。
建物を大きく傷めることなくコンクリート強度を測定します。

下地コンクリート中性化深度測定試験

躯体からコア抜きドリルでサンプル採取し、フェノールフタンイン溶液を噴霧。
色の変化で下地コンクリートの梅雨成果を診断、測定します。

塗膜付着強度測定試験

現状塗膜が下地にしっかり付着しているかの判断、またその上から新たに塗装しても旧塗膜が剥がれたり浮いたりしないかの診断を行ないます。

シーリング劣化度測定試験

シーリング部分を約2mmの厚さにスライスし、3号ダンベルで打抜き、これを試験片とします。
これでシーリングの劣化度を測定します。

赤外線・テレビカメラ・超音波による調査

赤外線や超音波装置を使用して被験部分をテレビカメラで映し出す正確な測定を行ないます。
取り扱いは有資格者によるものです。

ゴンドラによるビル外壁診断

建物屋上からゴンドラを吊るし、ベランダ等からは調査することのできない外壁の細部にいたるまで調査・診断を行ないます。

ページの先頭へ戻る