大和技研株式會社

業務案内

Activities

建物の現状把握

有資格者による正確な建物診断(早期発見)と
的確な処置(早期対策)。
このコンビネーションが、最大の効果をもたらします。

大切なことは建物の現状を正しく知ることです。
当社は、さまざまな方法で迅速・的確に診断。
診断結果に基づくリフォーム工法は無限大ですから、
確かな分析力と多くの経験・実績から最適なリフォーム工法を見いだし、
ご提案いたします。

  • 現状の屋上・屋根の劣化調査
  • 樋など外装配管の劣化調査
  • 各部屋の施工前検査
  • 手すりなど外装配管の劣化調査
  • 水回りとその周辺設備
  • 廊下・階段部の破損調査
  • 屋内配水管のファイバースコープ調査
  • 外壁劣化調査
  • 給水管の劣化調査
  • 車庫・土間劣化、改修工事

内装・設備を細部にわたりチェック。

室内

各部屋の施工前検査

漏水、欠損、結露、カビ、細菌等、細部にわたり徹底的な診断を行ないます。

水回りとその周辺設備

台所、風呂、洗面、便所など水周りの調査。
加えて、ガス管、給排水管、電気配線等、使用経年による劣化や定期点検不良による劣化の診断を実施します。

見えない箇所も多様な機材でチェック。

室内設備

屋内配水管のファイバースコープ調査

ファイバースコープや小型テレビカメラで管内の発錆状況や付着物による閉塞状況などを調査し、報告書を作成します。

給水管の劣化調査

抜管、超音波、X線等の調査法で配管の腐食の進行、肉厚の計測を行い、残存寿命を推定します。

風雨にさらされる外回りなどをチェック。

外壁・屋根・バルコニー・廊下など

現状の屋上・屋根の劣化調査

浮き、フクレ、ひび割れ等の調査を実施します。
雨漏り等につながる劣化部分を発見し、問題点を追及します。

樋など外装配管の劣化調査

発錆、切裂ジョイント部のゆるみ、また、管内詰り、腐食の点検を行ないます。

手すりなど外装配管の劣化調査

発錆、チョーキング(白華現象)による劣化を調査します。
立地条件等を考慮し、もっともその環境に適した仕様を組み込みます。

廊下・階段部の破損調査

浮き、ひび割れ等の発生、現状の進行、その他問題点をご報告し、またお客様のご意見をお聞きしながら、より良い方向性をシュミレーションしていきます。

外壁劣化調査

建物の経年、躯体構造等によって進んだ劣化状態を調査用機材を用い当社の診断士が調査します。

車庫・土間劣化、改修工事

車のオイル、排気ガスはコンクリートの中性化ばかりではなく、浮き、鉄筋の腐食により脆くなる危険性があります。

ページの先頭へ戻る